お留守番が出来るようになるしつけ方

留守番上手にしつける方法

飼い主が外出してもおとなしくお留守番ができるようになれば、安心して家を空けることが可能になります。
その為には留守番ができるように愛犬をしつける必要がありますし、留守をしても大丈夫な環境を整えることが大事です。

留守をしている時に犬が自由に歩き回れる環境では、誤飲や誤食・器物の破損・ケガなど思わぬ危険につながる可能性があります。
犬専用の部屋があるのは一番理想的なことですが通常は難しいことなので、サークルを設置して留守番の時の定位置と決めるのです。
サークルの中には犬用のハウスをはじめ、トイレ・水・おもちゃなどを置いて留守中でも安全な環境を整えます。

次に犬のしつけ方のポイントですが、大事なことは留守番が日常的なことで特別なことではないと認識させることです。
その為には、最初は5~10分程度の短い時間で家を空け、すぐに戻るというのを繰り返して、少しずつ留守にする時間を延ばします。

そうすると犬は、飼い主は外出しても戻ってくると認識しますし、その行動はありふれた生活パターンのひとつと考えるようになるのです。
ただ、その時に慌ただしく出かける準備をしたり、別れを惜しむようなそぶりを見せたりしないことで、あくまで自然な振る舞いするように注意しましょう。
日頃から愛犬と常に一緒の生活をするのではなくて、意識的に犬のみで過ごす時間を作ることも、留守番ができるようにするしつけ方のポイントになります。
その際、寂しがって吠えたからといってもすぐに戻るのではなくて、鳴き止んだタイミングを見て戻り褒めてあげたりおやつを与えたりすると良いです。

このようなしつけを日頃から意識して行っていると、犬は自分だけの時間を楽しく過ごすということを学習して、留守番も上手にできるようになります。
ただ、留守番させる時間は最大でも12時間程度が限度と認識しておくことが大事で、それ以上長くなる場合はペット専用のホテルやシッターの利用を検討することも必要です。

長い目で見てしつけを

すべての施設で犬同伴がOKではないために、いつも一緒に外出できるとは限らないので、犬に留守番させるといった状況は避けられません。
しかし、いざ留守番をさせる時に留守番ができなと、飼い主の行動範囲や活動時間が制限されて、それがストレスになってしまうことも考えられるのです。
そのようなことにならないためにも、また留守番で愛犬に寂しい思いをさせないためにも、日頃から留守番の練習や一匹で過ごすことに慣れさせることが大切になります。

ただし、基本的に犬は留守番が苦手なので、最初から上手にできませんし、慣れるまでに時間がかかることも考えられるのです。
そのことをしっかりと認識した上で、愛犬と一緒になって留守番上手な犬になることを目指して、生活の中で練習に取り組んでいきましょう。