愛犬に最低限覚えさせたいコマンド

教えたい必要なコマンド

愛犬と一緒に生活していくためには、様々なことをしつけとして教えていかなくてはなりませんし、必ず教えたいコマンドもあります。
ただ、どのようなコマンドを教える必要があるのかは、飼い主さんの考えや犬によって違いがあるので、一概には断定することはできないです。

しかし、仔犬の頃に最低でも教えておきたいコマンドとしては、オスワリ・マテ・オイデの3つがあって、これに関しては必ず従うことができるようにしつけましょう。
仔犬の頃に覚えないと成犬になってからしつけるのは難しいといった意見もありますが、実際は成犬になってからでも覚えてくれるのです。
その為、仔犬の頃に覚えておくと良いのですが、絶対に仔犬の頃に覚えさせなくてはならないということではありません。

コマンドの必要性について

オスワリ・マテ・オイデといったコマンドを覚えさせて、しっかりと従うことができるようにしつけることには必要性があります。
それは、散歩中に他の犬や人とすれ違う時、車道を渡る時、大きな物音に驚いてしまった時などに、指示を与える必要があるからです。

また、迷子になることや事故に遭遇することを回避するといった愛犬の安全を守るためにも必須なになります。
例えば、散歩中にリードや首輪が外れてしまった時に、マテやオイデというコマンドに従うことができれば安全です。
オスワリに従うことで犬の気持ちを落ち着かせることもできるので、この3つのコマンドは最低限覚えさせる必要性があります。

こうした必要性の高いコマンドもありますが、その一方でオテやオカワリのようにそれ程必要性のないコマンドもたくさんあるのです。
しかし、必要性を感じないコマンドであっても飼い主さんの指示に従うようにしつけることを考えると、教えておくことは重要と言えます。

飼い主さんと犬の信頼関係を築くためにも、指示に従うといった行為は必要になるのです。
ただ、すぐに覚えて従う犬もいれば、辛抱強く教えていかなくては覚えられない犬もいるので、その点を理解して教えていくことも大事です。

よりスムーズに一緒に生活するために

犬の危険防止や他人に迷惑をかけないためなど様々な理由から、オスワリ・マテ・オイデの3つはしつけの基本として必須と理解できたことでしょう。
また、難しい言葉を覚えることは犬には大変なことですが、短い言葉のコマンドだけなら覚えられるでしょうから徹底して教えることです。

さらに飼い主さんだけの指示に従うのではなくて、誰に対しても従うことができるようにしつけられると、トリミングサロンや病院でも楽になります。
最低限覚えさせたいコマンドがあって、それには重要な意味と役割があることを飼い主さんもしっかりと理解して教えてあげましょう。