サモエドについて

サモエドという犬の特徴

サモエドは、ロシアのシベリアが発祥となる犬種の一つです。
別名、シベリアン・スピッツとも呼ばれていて親しまれています。
耳が立っているのが特徴で、見ればすぐにどうかを判別できます。

可愛い見た目に加えて愛らしい表情をすることから、飼い主も依然に比べてサモエドを好む人も増えてきたくらいです。
見た目が好きでいいと言う方も多いですが、その能力的な面を見て良さを感じる人もいます。
この際、血統書を確認すると言うのは大事です。
出されている血統書がついているかどうかで、信憑性も変わってくるのです。

サモエドの身体の毛が長いことで知られていますが、二種類の毛でおおわれているのが一番の特徴と言えます。
そり引きをするために用意られていた犬種ということもあります。
成長すれば力強くリードを引っ張る犬になります。

サモエドの内面は?

サモエドはどのような性格や性質を持っているのでしょうか。
その内面を見てみると、まず頭がいいことが挙げられます。
覚えも早いですし、生後判断も的確に出来るようになります。

そして、人とのふれあいを好むのも特徴的です。
人と一緒に暮らすうえでは最も大事な要素です。
それに他の犬とも仲良くできるのも大きいでしょう。
また、優しい性格をしているので、思いやりのある犬種とも言えます。

それと、探知能力に優れることから、何かpを探させたりする方面に強いと言えます。
いまはネズミを犬にとらせたりはしませんが、教えれば何かをとってくると言う芸ができるでしょう。

サモエドのしつけの際に気をつけつけたいこと

サモエドはしつけの時に特に気をつけなければなりません。
というのも専門のブリーダーもいると言うこの犬種は、しつけ次第で良くも悪くもなるからです。

まずサモエドは遊び好きなことで知られています。
そして、脚の力の強弱によって散歩の強度も変わる犬種でもあります。
飼う人の属性や年齢というのがどの程度なのかで、この犬種を選ぶかどうかも変わります。
それらの選択肢に迷った時にはショップの人に相談するのがよいでしょう。

個体それぞれで身体の強さも違いますが、なりやすい病気というのはあります。
胃捻転は有名で、早食いや水をたくさん一度にとるなどするとなりやすいと言われています。
そのため、そう言った原因となるものをしつけでなくしていくことが肝要になります。

また、関節の病気が起こらないように配慮することも必要です。
暑さに弱いので夏場は注意しておきましょう。
犬も熱中症や日射病にかかるので、体調が悪そうだと気づいたら病院に連れていきましょう。
適度な運動も必要ですから、涼しい時間帯に散歩を習慣にするのもよいでしょう。