ポメラニアンについて

ポメラニアンの特徴って何?

ポメラニアンはドイツを元にした犬種の一つです。
小型犬でまんまるとした体つきから好む人の多い犬種と言えます。
その不思議と引かれてしまう顔つきについつい見いってしまう愛玩犬とも言えるでしょう。
アメリカでは人気の犬種として知られるのがこのポメラニアンでもあります。

家にどんな犬を飼いたいかで、犬種は違ってきます。
室内で飼いたいのか、それとも外で飼いたいかでどんな犬がいいのかも変わります。
そんな時、ポメラニアンの特徴としてその小さくてコンパクトな身体も選択で大切な部分です。
大型犬は飼う気がないけど、飼いやすくて犬として可愛いのが欲しいと言った場合にはぴったりと言えます。

では、どのくらい飼いやすいでしょうか。
細かい違いを除けば、しつけが行いやすいことまで含めて初心者にも飼いやすいことでしょう。
犬のしつけを心配している人や同居人が多い方でも安心して飼うことができます。

ポメラニアンの性格は?

ポメラニアンって具体的にはどんな性格をしているのでしょうか。
大事なのは友好的な性格をしているという点につきます。
仲良くなることが十分に出来るので、飼い主にとってはパートナーができる感覚に近いです。

好奇心はとても旺盛で周囲に興味を持ちやすいです。
いつも興味津津なのでしつけがしっかりしていないと落ち着きがなくなることもあります。
落ちているものを拾って食べないようにすることも徹底しておく必要があります。

個体の中には甘く噛むことが多いのや自己主張が強いのも出てきます。
無駄吠えが多いのも含めてしつけ不足ということもあります。
ですが、頭がいいのでちゃんとしつけてあげれば覚えてくれます。

ポメラニアンのしつけ

ポメラニアンを飼う場合に、上に挙げたほかにしつけで必要なことはなにがあるでしょうか。
たくさんの犬がいる中でもポメラニアンは小型犬として様々な特徴があることが分かっています。
そのことからまず注意すべきは身体の健康問題だと言えます。

身体が丈夫で病気にはなりにくいものの、脱臼などの病気になる可能性はあると言えます。
特に身体の節々が弱いので太り過ぎると骨折する危険があることも挙げられます。
また、他の身体の病気なども知られています。

一方で内面的なしつけの方針としては、ほめて伸ばすことが大事だと言われています。
叱り過ぎるといじけてしまったりしますので逆効果にならない程度にする必要があるのです。
これはポメラニアンが信頼関係を築く中で互いの距離をしっかりと固めた上で行います。

体毛のケアはブラッシングを行うことが必要です。
室内で飼う時になる抜け毛を処理するのも一苦労ですから、ブラッシングの段階で余計な毛はとっておくことが好ましいのです。