ペットショップ

○ペットとの出会いは、ペットショップから始まることが多いです
まず、「ペットを飼いたい」という人が訪れるのがペットショップです。
ペットショップ単体でお店があることもあれば、
大型のショップの一角にペットを販売するスペースがあることもあり、販売方法はそれぞれ。
ペットショップにはあらゆる種類の犬がいますが、
メリットとしては「血統書つきの犬を飼うことができること」「子犬を買えること」でしょうか。
血統書がつくような犬は、基本的にペットショップでしか販売されていません。
つまり、血統書つきの犬を飼うのであれば、ペットショップに行くしかないのです。
また、子犬から飼うことで、人に懐きやすいというメリットも。
猫もそうですが、長く人と離れて生活した動物は、人間との生活になれるまでにとても時間がかかります。
最初のうちは、おびえてストレスで体調を崩すこともありますし、
噛みクセが治らず、「やっぱり飼えない」と飼い主が手放すことを考えるケースも・・・。
このようなことを考えると、やはりペットは小さいうちから飼った方がお互いにとって良いでしょう。
子犬を確実に買うことができる、という点では、ペットショップはオススメです。

○ペットのグッズが手に入る
ペットショップでは、動物だけでなく「ペットに関するグッズを手に入れることができる」というメリットもあります。
中には、ペットショップでしか手に入れることができない良質なフードも。
ペットの健康に気をつけてフード選びをする人は、ペットショップで選ぶ、ということも多いそうです。
また、動物病院が併設されているところも多いので、「動物に関する総合的な相談を受ける場所」としても機能している様です。
ただ動物を販売するだけでなく、その後のフォローについても、しっかりとしたシステムを取り入れています。

○ペットショップのデメリット
しかし、近年になって「ペットショップのデメリット」が叫ばれるようになってきました。
ペットショップに行くと解りますが、狭い部屋に子犬が押し込められる様にして生活をしていますし、
ひっきりなしに人が訪れるので、ペットにとっては「ストレスに晒されている」ということになるとか。
ペットショップで販売される子犬たちは、小さい頃に親と離されてしまうので、
動物に必要なマナーなどを1から教えなければならないとも言われています。
また、伝染病にかかる可能性もないとは言えない様です。
参考:大規模ペットショップから買うメリットデメリット

何より、「保健所で大量に処分されている犬がいるのに、お金を出して犬を買う必要があるのか」という声が高まっています。
この様な声がある中で、ペットショップが今後どう生き残っていくのかが気になりますね。