犬の正しい爪切りのやり方

犬の爪切りが必要な理由

犬は哺乳類ですので人間と同じように爪が伸びて行きます。
特に室内犬の場合にはどうしても爪が長くなってしまう傾向がありますので定期的に爪切りを行う必要があります。
なぜ犬に爪切りをしなければいけないのかというと、犬の爪が長すぎると自分の身体をかいた時に血が出てしまったり、爪割れが起こって痛くて歩けなくなってしまったり、爪が引っかかって取れなくなってしまったり、爪が長いせいで飼い主をはじめとした周りの人間であったり、一緒に飼っている犬に傷を付けてしまう恐れがあるからです。
特に爪が長すぎると普段から転びやすくなってしまう傾向にありますので注意が必要になります。

爪切りの目安と犬の爪を切る方法

犬の爪切りをしなければいけない目安は基本的に普通にしていて地面に爪がついてしまっている長さです。
外で飼われている犬であったり、散歩の距離が長い犬は地面との摩擦で丁度良い長さをキープしますが、室内犬や小型犬は爪が地面で擦れる機会が少ないので飼い主が爪をチェックして切らなければいけません。

犬の爪は途中から神経や血管が通っております。
その部分を切ってしまうと激しい痛みに加えて出血する恐れがあります。
白い爪の場合には血管が見えますのでその手前できるようにし、黒い爪の場合には、最初は少しずつ爪を切り、最後にやすりで整えるような方法がおすすめです。
もし爪切りをするのを激しく抵抗する場合にはトラウマになってしまうリスクがありますので直ぐに中止して褒めたりお菓子を与えてご機嫌をとるようにしてください。

爪切りで用意するアイテム

犬の爪切りは事前準備がとても重要になります。
犬用の良く切れる爪切りや爪やすりはもちろん必要になるのですが、もし血管を傷つけてしまった時のために止血剤であったりし欠パウダーも必要になります。
人間用の爪切りで十分だという方もいますが、犬用の爪切りの方が切り間違いも少なくなっておりますし、犬に対する負担も少なくなっております。

また、人間の爪よりも犬の爪の方が硬い場合が多くなっているので必要以上の力をかけてしまう事になります。
ストレスがたまりやすい犬の爪切りでは、このほんの少しの差が大きな差になってくるのです。

爪切りが上手くいくコツ

犬は爪切りが苦手な場合が多くあります。
その為、普段から足先をこまめに触りスキンシップをしておく事が重要になります。

また、一度にすべての爪を切ろうとせずに何度かに分けて爪を切るのもおすすめです。
飼い主さんが緊張してしまうとそれが犬にも伝わってしまいますのでなるべくリラックスした状態で爪をきるようにしてください。
最初のうちは爪を一本切ったら褒めてお菓子を上げるなど爪切りが嫌な物では無い事を教え込むようにしてください。