犬の避妊や去勢について

犬の避妊手術や去勢手術の理想的な時期

メス犬の場合には、最初に去勢するかどうかを考える事になります。
犬は本当に繁殖力が高いので直ぐに妊娠してしまう可能性があります。
その為、将来的に子犬を出産する予定が無かったり、経済的に子犬を養う事ができないような場合には避妊手術を考えなければいけません。

犬の避妊手術をする場合には、なるべく早い時期というのが一般出来です。
早ければ早いほど体力が回復しますので寿命を延ばす事ができますし、その後の生活に与えるリスクを減らす事ができます。

一般的には初回の発情を迎える前がベストだと言えます。
また、オスの去勢手術のタイミングも同様に若い頃がおすすめです。
生後半年くらいをめどに行うと最も犬にストレスを与えることなく去勢手術を完了させる事ができます。

メスの発情期に誘われた経験がある犬にとって去勢手術はかなりのストレスになってしまいます。
その為、生後半年程度のまだ生殖能力が完成する前の段階での去勢手術はかなりおすすめだと言えます。

オスの去勢手術のメリット

オス犬の去勢手術のメリットは複数ありますが、最も大きいのが病気によるリスクの回避です。
精巣腫瘍や前立腺肥大、会陰ヘルニアなどの生殖器疾患の予防がかなり大きなメリットだと言えます。

他にも性的欲求のストレス解消や、ストレスから解放された事による長寿化などがあります。
実際に去勢した犬としていない犬を比べた場合には、無駄吠えであったり、噛み癖、マウンティング、マーキングなどを抑える事ができます。
アパートやマンションなどで飼っていて、無駄吠えなどが近隣トラブルに発展するリスクを減らすという観点でも去勢手術にはメリットが大きいと思います。

メスの避妊手術のメリット

メス犬の避妊手術にも沢山のメリットがあります。
たとえば、卵巣嚢腫や卵巣腫瘍、子宮蓄膿症、乳腺腫瘍などの女性器に関する重要な病気のリスクを無くす事ができます。

また、避妊手術をする事によって、他のメスに対する攻撃性であったり、食欲不振などを無くす事ができます。
また、ストレスも軽減する事ができるなどのメリットがあります。

そして最も大きいのが飼育する犬の数をコントロールする事ができるという点です。
賃貸アパートだったり、マンションの場合には、飼育する事が可能な犬の数が決められております。
不用意な出産をしてしまった為、住んでいたマンションやアパートに住み続ける事が出来なくなる可能性だってあります。

また、単純に金銭的な負担が多くなるのはもちろんの事、しつけが大変になってしまったりなどのデメリットもあります。
基本的に余裕がないご家庭の場合には、避妊手術をするメリットが大きいと言えます。