犬の発情期の対処法

犬の発情期について

初めて犬を飼う方にとっては犬の発情期はびっくりすると思います。
犬の発情期はオス、メス関係なく両方が発情期になる為、犬を飼っている方であったらしっかりとした対処方法を知らなければいけません。
そもそも発情期とは、メスが妊娠可能になった状態の事です。
よく勘違いされている方も多いのですが、オスの発情期と言う物が厳密にはなく、オスの発情期と呼ばれている状況は、発情期のメスに興奮してマウンティングをしているだけなのです。

犬の発情期の時期

犬の発情期は犬種によっても異なりますが、小型犬の場合には生後七か月から十か月くらいの時期、中型犬や大型犬の場合には、小型犬よりも若干遅い八か月から十二か月くらいの時期に発情期を迎えます。
基本的には発情期になると出血するようになるのですが、犬種によってはあまり血が出なかったり、血が出たとしても犬が自分で舐めてしまいますので気付かないケースもあります。
股発情期には出血だけでなく落ち着きのない行動をとったり、食欲がおちたり、常に不安そうな顔を見せたり、いつもよりもオスの近くに行きたがるなど普段とは違った行動をする傾向にあります。
その為、出血の症状が確認できなかった場合でも、発情期かどうかは確認する事ができます。

犬の発情期の対応方法

犬の発情期の時には不用意にオス犬に近付けない事が重要になります。
毎日の散歩コースで挨拶する雄犬でも注意が必要になります。
例えば少し立ち話をしていて、少し目を離したすきに足元で交尾し妊娠してしまっているケースも少なくありません。
もちろんリードが外れてしまう可能性もありますので、発情期の犬の散歩の時には散歩時間を通常よりも短くしたり、犬用のおむつをして散歩するなどの対処方法が有効になります。

去勢手術もおすすめです

予算的に出産した子犬を飼う事が出来ない場合には、去勢手術もおすすめです。
犬は一回の出産で4匹から8匹程度の子犬を出産します。
生まれた犬の全てを飼育できる余裕がある方は大丈夫なのですが、もし経済的であったり、精神的に難しいという方の場合には、避妊手術をするのが重要になります。
特に異種同士の場合には、遺伝的な病気を持った子犬が産まれてくる可能性があったり、出産により母犬が命を落とす可能性だってすくなくありません。

繁殖を望まない場合には、去勢手術を行う事で子宮の病気などのリスクも回避する事ができます。
一般的な去勢手術費用は、小型犬や中型犬で15,000円から20,000円前後、大型犬の場合で30,000円前後が相場となっております。
確かに安い金額ではありませんが、無計画な主産をしてしまって保健所に持っていかなければいけないようになるよりははるかに幸せだと言えます。