犬の歯磨きの仕方

犬の健康と歯磨きの関係

犬の歯磨きと健康は密接に結びついております。
例えば日本で飼育されている3歳以上の犬のうち約80パーセントが、歯周病であったり、歯周病予備軍だと言われております。
歯磨きをせずに歯周病を放置してしまうと、人間のように歯茎がもろくなってしまい歯が抜け落ちてしまったり、酷い歯周病になると歯周病菌が血管に侵入し心臓や腎臓などの病気になってしまう可能性もあります。

他にも頬から膿がとび出してしまったり、顎の骨が折れたりと重症になるケースが多いのです。
その為、犬を飼う方は積極的に歯磨きをするべきなのです。

最初はガーゼから

いきなり歯ブラシで磨かせてくれる犬はあまり多くありません。
その為、最初は口に触られるのを慣らすために濡らしたガーゼなどで犬の歯の表面を磨くようにしてください。
ガーゼは飼い主の指の感触が残り、飼い主の体温も感じる事ができますのでかなり犬もリラックスしてくれます。

ガーゼは歯の摩擦で破れやすくなっておりますので不織布ガーゼがあればそちらを選ぶようにしてください。
いきなりゴシゴシと磨いてしまうと犬はびっくりしてしまう可能性がありますので、最初は本当に軽くタッチする程度で構いません。
触れる部分も最初は前歯で大丈夫です。

徐々にタッチする部分を奥にして、こするようにしていくとガーゼに歯石が付くようになっていきます。
こまめにガーゼを変えながら歯磨きしていくとガーゼでも十分に歯をキレイにする事ができるようになります。

歯ブラシにチャレンジ

ある程度ガーゼに慣れてきたら歯ブラシにチャレンジしていきます。
最初は歯ブラシの匂いをかがせる、舐めさせる、などして歯ブラシが怖くないものと思わせる事が重要になります。
歯ブラシを舐めたり加えたら褒めてあげるようにすると歯ブラシに嫌な印象をあたえずに済みます。

歯ブラシに慣れてきたらいよいよ歯磨きにチャレンジです。
最初は前歯の外側から平行にゆっくりうごかしてください。

犬は奥に行けば行く程に警戒し緊張します。
最初は表面だけをしっかりと磨けるようにします。
奥まで磨けたら歯の裏側にチャレンジです。
裏側は犬の警戒心がありますので中々上手くいかないとは思いますが、ゆっくりと慣れさせる事が重要になります。

最初は歯磨きが苦手な犬でも徐々に慣れて行き自然と出来るようになります。
それまでの期間も歯垢は溜まってしまいますので、食べながら歯垢を取り除く事ができる歯磨きガムなどのおやつを与えるのもおすすめです。
どうしても歯磨きができるようになるまでは時間がかかってしまう物です。
焦ってしまうと余計に歯磨きが苦手になってしまいますので飼い主も余裕を持って対処できるように歯磨きガムとの併用がおすすめです。