犬をしつける前の心構え

犬のしつけの基本と飼い主の心構え

犬のしつけとは、単に飼い主の指示に従う優等生にするためにするのではなくて、愛犬の命を守るためするというのが基本的な考え方と言えます。
例えば、呼ばれたら戻ってくるというしつけをきちんとしていないと、交通事故などに遭遇してしまう可能性も考えられるのです。

また、愛犬はペットではなくて家族の一員という飼い主さんも多いですが、家族の一員ということは社会の一員でもあることを理解する必要があります。
そして、その為には愛犬がしっかりと人間社会の中で受け入れられるようにする必要があって、人に迷惑をかけないようにしつけることが不可欠と理解しておくことです。
それから、犬のしつけは子犬の頃からしていないと無理と考えて、問題行動をしてしまう成犬のしつけを諦めてしまうケースもあります。
しかし、時間は多少かかってしまいますが子犬と同様の方法で根気よく教えることにより、基本的に成犬でもしつけられるものなので放置しないで早い段階で対処することです。

もし成犬のしつけに自信がない時には、ドッグトレーナーなどプロに相談したり、プロによる出張トレーニングを依頼したりすることも選択肢としてあります。
いずれにしても、犬のしつけは人と犬の共同作業であり、お互いの信頼関係を深め絆を強めることが、ベースにあると考えることが大事です。

犬との信頼関係を築くには?

犬は、人や他の犬とのコミュニケーションで意思疎通をして社会性を習得する動物で、それにより様々な環境に対しても適応することができるのです。
したがって、主従関係で従わせることによるしつけではなくて、犬の気持ちに寄り添い信頼関係を築くことでしつけるという考え方がメジャーとなっています。では、どのようにして犬との信頼関係を築いていけば良いのかというと、子犬なら最も大事になるのが安心させてあげることです。

その為には、愛情を持って飼い主さんが接して暖かく包み込んであげることで、スキンシップを積極的に取ることでお互いの信頼関係が築けます。
しかし子犬の頃から一緒に暮らしていても、うまく信頼関係が築けない状態で成犬になってしまうこともあり、成犬になってから信頼関係を築くのは難しいと感じることもあるのです。

このような場合であっても信頼関係を築き上げることはとても大事なことですし、成犬になってからも信頼関係を構築していくことはできます。
ですから、なぜ信頼関係が築けなかったのかをまずは考えて、その理由を一つ一つ改善して信頼関係を構築し行くことです。
そして、愛犬と信頼関係を築くためには、一緒に楽しむ時間を持つなど愛犬の側に寄り添うだけではなくて、気持ちにも寄り添うことが大事と理解しましょう。