まだ間に合う成犬のしつけ

成犬をしつけるには?

成犬をしつけるには今までの習慣を新しい習慣に変えていくので、ゼロからスタートする子犬のしつけと違って大変になります。
しかし、人と一緒に生活するためにも社会環境で生きていくためにも、きちんとしたルールを教えるしつけは必要不可欠です。

それから、教えられていなかったからできないだけで、逆に考えるときちんと教えたらできるようになる可能性があると言えます。
実際に成犬のしつけをするにあたって重要になることは、犬にとって飼い主が信頼できる存在になっているかどうかです。
日によって良いことと悪いことがコロコロ変わったり、気分で接する態度が変わったりする飼い主では犬は信頼しないでしょう。
そんな信頼できない飼い主のしつけなら、犬は従うことはないということをしっかり念頭に入れておくことが大事です。

また、様々なしつけをする際の要となるのがアイコンタクトで、飼い主と犬との間で信頼関係が築けていないと取ることは難しくなります。
では、具体的に日常生活において成犬をしつけにはどうするのかというと、褒める時と叱る時の声のトーンを変化させることです。
実は高い声を喜びの声と、また低い声を叱る声と犬は思うことが多いので、褒める時には多少高めの声で大げさに褒めてあげるように心がけましょう。
逆に叱る時はわざと低い声で短く叱ることにより、叱られていることを判断できるので、悪いことをした時にはすぐに叱ることです。
これを繰り返すことによって、悪いことをすると低い声で叱られる、良いことをした時には高い声で褒めてもらえると認識させるしつけができます。

成犬のしつけをドッグトレーナーに

成犬のしつけに対して自信がない時には、しつけのプロと言えるドッグトレーナーに頼ることもひとつの選択肢として考えられます。
ドッグトレーナーとは、子犬に基本的なマナー・ルールのしつけをしたり、成犬のトラブルや問題行動を解消したりする専門家です。

ただし、ドッグトレーナーが犬をしつけて言うことを聞かせることだけでは、本来の目的達成にはなりません。
あくまで家族と犬が快適に共存することが最終目的で、そのために飼い主さん自身にしつける方法を指導することも仕事に含まれるのです。

つまり、飼い主さん自身が犬をコントロールできるようになって、初めてしつけというトレーニングの目的達成になります。
トレーナーが指導するしつけ方と飼い主のしつけが異なってしまうと犬は戸惑ってしまって、せっかくの効果を思うように発揮できなくなってしまうのです。
ドッグトレーナーに成犬のしつけを依頼するのなら、その点をしっかりと理解して一緒になってしつけをしていくことを心掛けましょう。